• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

カナダの人気料理

調理方法はシンプル

多くの国からの移住者で構成されている国だけあって、名物料理も州や地域によってさまざま。東・西海岸の地域では新鮮な魚介類、内陸部では肉類を使った料理が多い。多くのものは、食材のよさを活かして調理してあり、調理方法や味付けはとてもシンプル。

ロブスター(東海岸)

大きなロブスター(伊勢エビ)をゆでたものに、バターを付けて食べる。東部だけでなく、西部のレストランでもシーズンになるとメニューにロブスタースペシャルなどが登場する。ムール貝やホタテ貝などの貝類もバターで味付けされて、ロブスターと一緒に出てくることも。

プーチン(ケベック)

フライドポテトにチーズを散らし、グレービーソースをかけたもの。また、ケベックではメープルシロップをかけるメープルライスプディングや、雪の上に温めたメープルシロップを垂らして凍らせた“La tire sur la neige(雪の上のメープルタフィ)”などが名物。

アルバータ牛のステーキサンドイッチ(アルバータ)

脂身が少なく赤身のやわらかいアルバータ牛。そのステーキをトーストしたパンの上に載せたもの。フライドポテトやサラダがついてくることが多い。また、カナダでは牛肉以外に、バッファローや大角鹿(エルク)の肉も味わうことができる。バッファローステーキやエルクバーガーなどがある。バッファローは牛肉とよく似ていて、とてもやわらかい。どちらも特に臭みはないので、食べやすい

ビーバーテール(オタワ)

冬にはオタワの中心を流れるリドー運河が凍り、アイススケートリンクになる。そこで売られているのがシナモン風味のパンを油で揚げ、黒砂糖をまぶしたビーバーテール。家庭でもよく作られ、寒い冬のスナックにはぴったり。

シェパーズパイ

羊、あるいは牛のひき肉にマッシュポテトをかぶせて焼いた料理で、たいていはトマト風味。イギリスから伝わった伝統的な家庭料理であり、個人経営のコーヒーショップなどで見かけることがある。基本的にカナダ人は大のポテト好き。多くの料理にポテトが使われていたり、料理とともに主食代わりに出されたりする。

メープルシロップ

カナダの良質なカエデの樹液を煮詰めて作られているメープルシロップ。ホットケーキだけでなく、料理の調味料としても使われる。どこの家庭でも常備しているが、けっこう高級品。250mlで$12ぐらい(Jakeman's Maple Syrup)。

バックベーコン

カナディアンベーコンとも呼ばれ、脂の少ない豚の背肉を使って作られたベーコン。脂身が少ない分ヘルシーだ。

カナダ人の好物

カナダの人は気軽に口に入る食べ物が好き。ピザやポップコーンといったものもカナダでは人気がある。ファストフード店やフードコート以外にも、レストランのメニュー表にピザを見かけることも多い。メインディッシュの付け合わせだけでなく、前菜にフライドポテトもポピュラー。ボリュームいっぱいなので、おいしいからといって食べすぎには注意。

カウンセラーはみんな留学経験者。留学生活について気になることをなんでも聞いてみよう!

無料留学相談

カナダ留学

カナダの人気料理のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート