• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504

カナダの博物館や美術館

閑散期(冬期)には予約者のみ受付も

国立の施設は首都オタワに多いが、各州にも州立の美術館、博物館がある。さらに、小さな文化施設もあちこちに点在する。写真スタジオの一角が小さなギャラリーになっていたり、田舎町に土地にまつわるものを集めた博物館があったりするので、自分だけのお気に入りを探すのもいい。 ほとんどの博物館や美術館がシーズンごとに休館日や開館時間を変えたり、閑散期の冬場には予約客以外には施設を開放していなかったりするので、訪れる前には電話で確認をしたほうがよい。また、多くの博物館や美術館で、入場料が無料の曜日・時間帯を設定しており、これを利用しない手はない。学生には、割安の学生料金が設定されていることも多い。ただし、学生証の提示が必須で、フルタイムの学生に限られることもあるので注意。

美術館などの建物も芸術的

美術館は建物自体が芸術作品になっていることも多く、外観を見るだけでも美術鑑賞といえる。例えばバンクーバー美術館は石造りの元裁判所を利用した威厳のある建物だし、カナダ国立美術館はガラス張りの近代的な建物だ。カナダの画家といえば、20世紀初頭に自然をモチーフに描き活躍したグループ・オブ・セブンという7人の画家集団や西海岸の風景画で知られる女流画家エミリー・カーなどが有名。また、ネイティブインディアンの作家たちも自らの伝統文化を背景に、精力的に作品を発表している。有名な博物館や史跡の中には、パークスカナダによって管理されNational Historic Site of Canadaと呼ばれる国の指定史跡になっているものもある。National Historic Siteではインタープリターと呼ばれる専門知識をもった説明員が案内してくれることもあり、彼らの説明を聞けば、より深い知識が得られるだろう。

文化施設でのマナー

博物館や美術館は静かに展示物を鑑賞するところ。騒いだり、大きな声で話したりするのはほかの人の迷惑になるのでやめよう。写真撮影は禁止されているところもあるので、写真を撮りたい場合には、表示で確認するか係員に確認してからにしよう。

博物館

国立科学技術博物館、国立航空博物館、国立自然博物館などの国立博物館は、その大半が首都オタワに集中している。オタワを訪れた際にはぜひ訪れてみたい。しかし、その他の地域にも興味深い博物館は多い。恐竜の一大コレクションで世界的に有名なロイヤルティレル博物館はアルバータ州ドラムへラーに、電話の発明者でカナダ人のアブラハム・ベル博物館はノヴァ・スコシア州にある。

カウンセラーはみんな留学経験者。留学生活について気になることをなんでも聞いてみよう!

無料留学相談

カナダ留学

カナダの博物館や美術館のページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート