• 高校・大学進学はこちら
  • 企業・法人の方はこちら
成功する留学デスクのご案内
東京
大阪
名古屋
お急ぎの方はこちらから!お問い合わせ各デスク共通0120-945-504
お問い合わせ各デスク共通 0120-945-504
成功する留学フェア 2018年10月 秋 東京・大阪・名古屋で開催!

カナダのファストフードとフードコート

ファストフード大国

カナダは、アメリカに並ぶファストフード大国。いたるところに店舗が見られ、その種類は数えきれないほど多い。ハンバーガー店だけでも、マクドナルド、デイリークイーン、ウェンディーズ、A&W、アービーズなどたくさんのチェーンがある。またハンバーガー店以外にもタコベル(メキシカン料理)、サブウェイ(サンドイッチ)などさまざまなファストフード店がある。カナダ生まれのチェーン店は、ティム・ホートン(ドーナツ)、A&Wなど。

注文の仕方は、日本と同じようにカウンターで注文、支払い、受け取りという形だが、そこで注意したいのは単語の違いだ。日本のファストフード店でよく使われている単語をカナダで使うと通じないということがよくある。例えば「フライドポテト」は「フレンチフライ」、「セット」は「コンボ」、「コーラ」は「コーク」といった具合。

また北米では一般的にフライドポテトにケチャップ(たまにイギリス系の人は酢)を付けて食べるので、注文の際にケチャップがいるかどうか聞かれることが多い。ケベック州で生活する場合、店の名前にも要注意。ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、第一言語がフランス語のケベック州では「PFK」と呼ばれている。フランス語に訳すと“Poulet Frit Kentucky”となるためだ。看板などもすべて「PFK」と記されている。

日本食もあるフードコート

ファストフード店が並ぶフードコート。ショッピングセンター、モール、あるいはオフィスビルや空港の中などで見かける。日本料理の店もあるので、日本食が恋しいけれどひとりではレストランに入りづらいという人も大丈夫。

レジの横にチップ用のカップを置いている店もあるので、お釣りの中から何セントか入れていく人もいる。また、水はそれぞれの店で注文の際に頼んでもらうのが普通。そのときはボトル入りの水を買うのと間違われないように、はっきりと“A glass of water”または“ A cup of water”と言うか、支払いが済んでから頼むとよい。

フードコートの長所は、何と言っても選択肢が多いこと。大勢で外食に出かけ、それぞれ食べたいものが違っても、フードコードなら全員何かしら好みのものが見つけられるだろう。

フードコートの開店時間

店によって開店時間は違うが、基本的にフードコートはショッピングセンターに来た買物客のランチ利用を期待したものなので、早朝や深夜は閉まっている。朝10時ぐらいに開き、夜19~20時くらいに閉まるのが一般的。コーヒー専門の店などは朝早く開いていることもある。平日12時から14時くらいまでの昼休みの時間帯が最も混雑している。

カウンセラーはみんな留学経験者。留学生活について気になることをなんでも聞いてみよう!

無料留学相談

カナダ留学

カナダのファストフードとフードコートのページ上部に戻る

  • カウンセリング予約
  • 資料請求
  • セミナー
短期留学プログラム
facebook
留学応援コラム「留学あんしんサポート」
賢いお金の持って生き方、キャッシュパスポート